SSRI系の作用 | うつ病に効果を発揮するプロザックは通販で!

SSRI系の作用

SSRI系の作用

「SSRI系の作用」のイメージピクチャです。

うつ病に効果を発揮する抗うつ剤「プロザック」。
このプロザックの効果や作用についてしっかりと理解しておきましょう。

プロザックはSSRI系の抗うつ剤とされています。
このSSRIは「選択的セロトニン再吸収阻害薬」という意味です。
うつ病になってしまう方は「セロトニン」が不足していると言われています。
とはいえ、現代人のほとんどがセロトニン不足と言われているので、我々もうつ病予備軍ではあります。
脳内がセロトニンで充分に満たされた状態になれば、気分が落ち着くようになります。
この効果によって、うつ病特有の症状である突然暴れだすなどの行為をしないようにすることができるのです。
つまり、脳内がセロトニンで満たされた状態を作り上げることができればいいのです。

SSRIを利用することで、セロトニンがどのように満たされていくのでしょうか。
セロトニンは脳内にある神経を数珠つなぎのように通っていき、体の隅々に行きわたります。
このとき、神経にあるシナプスがセロトニンを吸収して、次のシナプスへ(細胞へ)と繋げていくのです。
しかし、セロトニンが神経Aから神経Bへと渡る時、いくつかのセロトニンはこぼれてしまい、それを神経Aが再度吸収するのです。
この神経Aにあるトランスポーターによってセロトニンを再吸収をしているのですが、このトランスポーターによる吸収を阻害するとどうなるでしょう。
再吸収できなくなってしまうと、余剰のセロトニンが脳内で充満します。これによって、気分が落ち着き、うつ病に対して効果を発揮するのです。